睡眠薬の副作用の危険性とは?不眠症やうつ病は薬に依存せず改善!

睡眠薬の副作用の危険性

 
 
 
ストレス社会とも言われるように、現代人の多くがストレスを抱えていて、
それが原因で不眠症やうつ病になる方が増えてきました。
 
 
不眠症に関しては、5人に1人は眠れなくて悩んでいるとのこと。
 
 
どうしても、眠れなくて睡眠薬を服用している方も多いかと思いますが、
単刀直入に言うと、睡眠薬は副作用が危険なのでやめたほうが良いです。
 
 
CMでは「ドリエル」のようなドラッグストアに売っているような、市販の睡眠薬が

宣伝されていますが、市販のものでも副作用の危険性は潜んでいます。
 
 
ドリエルなどの市販の睡眠薬は睡眠改善薬とよばれ、病院で処方される睡眠薬とは
成分も違い、副作用は比較的に少ないと言われています。
 
 
 
しかし、それでも強制的に眠らせる薬であって、
根本的な不眠症やうつ病の改善にはなりません。
 
 
 
また、依存性、頭痛、吐き気、倦怠感、ふらつき、眠気などの副作用もあるので、
安易に眠れるようになるからといって、市販の睡眠薬でも毎日のように
服用するのは危険です。

病院で処方される睡眠薬の副作用

病院で処方される睡眠薬で一般的なもので、ゾルピデム(マイスリー)、トリアゾラム(ハルシオン)、
ゾピクロン(アモバン)、エスゾピクロン(ルネスタ)、エチゾラム(デパス)などがありますが、
これらの睡眠薬は睡眠導入剤と呼ばれます。
 
 
睡眠導入剤は処方箋が必要で、病院でしか入手することはできません。
 
 
それだけ、効果が強く副作用の危険性が高いものであるということです。
 
 
実際に、睡眠導入剤を服用したことによって副作用が現れ、
それに悩まされている方が多くいらっしゃいます。
 
 
睡眠導入剤の副作用としては、依存性、耐性、夢遊病、離脱症状、倦怠感、など

多くの副作用があります。

 

 

睡眠薬に依存せずに不眠症を改善するには

睡眠薬と副作用はどうしても切り離せないものであって、睡眠薬に依存せずに
不眠症を改善していくことが、身体的にも精神的にも良いことです。
 
 
睡眠薬で強制的に眠れるようにするのではなく、自然と良質な睡眠をとれるように
していくことが必要です。
 
 
良質な睡眠を取るようにするには「セロトニン」が鍵となっています。
 
 
脳内神経伝達物質であるセロトニンが、ストレスや不安などによって減少して
うつ病となり、それが原因で不眠症となるケースが多いです。
 
 
セロトニンを作るものとしては、トリプトファンはビタミンB6などがあります。

 
 
トリプトファンはセロトニンを作る上では非常に大事なのですが、体内では作ることが
できず、体外から摂取するしかありません。
 
 
 
トリプトファンを作る食べ物としては、バナナ、牛乳、豆、ごま、ひまわりの種などがあります。
 
 
普段の食生活から、セロトニンを増やすためにこれらのようなトリプトファンを多く含んだ、食べ物を
摂取していくと不眠症改善にもつながります。
 
 
 
また、適度な運動や日光を浴びるなどするのも、セロトニンを活性化させる行動になります。

 
 
 
しかし、手っ取り早くセロトニンを増やしたい方は
睡眠サプリを使うのがおすすめです。
 
 
 
睡眠サプリは自然由来の成分を使ったサプリメントで、
セロトニンを増加させるのに非常に効果的です。
 
 
 
睡眠薬を使っていた方も、副作用の心配のない睡眠サプリを使うようになって、
眠れるようになったという声も多いです。
 

 
 
睡眠薬が効かないという方も、睡眠サプリは試してみる価値はあるかなと思います。
 
 
 
睡眠薬以外にも、不眠症やうつ病を解消する方法は多くあるので
副作用で後悔しないためにもまずは色々とやってみることが一番大事ですね。